【iPhone】ソフトウエアの更新は必ずやろう!更新の確認とそのやり方

こんにちは。高円寺店の佐藤です。

スマホを利用するうえで是非やっておきたい「ソフトウエアの更新」。

基本的かつ、重要な事項になります。

ソフトウエアの更新は、Android・iOSどちらにもあるものですが、今回は、iOSについて解説します。

「ソフトウエアの更新」とは?

iPhoneの機能や操作性を向上するために、Appleが常に機能追加しています

これを使うためには、更新(アップデート)が必要というわけです。

また、スマホの動作をつかさどるシステムを「OS」といいます。

例えるなら「脳みそ」にあたります。

普段我々が体を動かす際に、脳から指令がいきます。

これと同じようなことが、スマホの中でも起きているわけです。

非常に重要なので、アップデートのアナウンスがしつこくあるはずです。

ただし、OSの更新は、メリット・デメリットがあります。

【メリット】
・新たな機能の追加
・バグの修正、改善
・セキュリティの改善

【デメリット】
・今までの操作と変わったり、新しく設定しなければいけないことがある
・新たな欠陥、バグ発生の可能性

更新をし続けないと、旧バージョンでのサービスが終了してしまう可能性や、最新バージョンのアプリにアップデートできない(LINEはデータを引き継ぐ際、最新バージョン推奨)など、大きな弊害もあります。

なので、ソフトウエアの更新は、常に行っておく必要があります。

iOSの最新バージョンについては、こちらから確認できるので、是非チェックしてみてください。

※【参考】2019年9月13日現在:iOS 12.4.1

「ソフトウェアのアップデート」の確認とアップデート方法

更新がある場合には、設定アプリにお知らせマークが付いているはずです。

【確認方法】
※画像は、iPad

1.設定>一般>ソフトウェア・アップデートを開く

2.「今すぐインストール」をタップし開始する。

その際、Wi-Fi環境で充電しながら、行いましょう。
更新作業に時間がかかる場合もあるので、夜寝る前などおススメです。
※更新作業中は、スマホが使えなくなります。

この場合、アップデートが必要。赤枠をタップして、アップデート開始

※最新の場合は、このように表示される

もし、ソフトウェアのアップデートができない場合、考えられる理由としては

1.ストレージの空き容量が不足している
 【解決法】ストレージの空き容量を増やしましょう。
 ※容量を増やす方法は、こちらの記事をどうぞ

2.手持ちの機種がバージョンアップに対応していない
 【解決法】 買い替えを検討していただくか、そのまま使い続けるかの2択になります。

3.PC経由でしかアップデートできない
 【解決法】
iPhoneが特にそうですが、アップデートを怠っていると、スマホ単体ではOSの更新ができなくなってしまいます。 そうなってしまうと、iPhoneとパソコンを接続し、iTunes経由でOSの更新作業を行う必要があります。

iTunes経由でiPhoneをアップデートする

1.パソコンに、最新バージョンのiTunesをインストールする

2.iTunesから、「編集」>「環境設定」を開く

3.「デバイス」の「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックをいれ、「OK」をクリック

4.iPhone(または、iPad)をパソコンに接続する

5.「概要」をクリックし、「アップデート」をクリックします。

こちらで作業は完了です。
最新のOSに更新できたら、インストールしてあるアプリもアップデートしておきましょう

今回は、iPhone・iPadをご利用の方に是非やっていただきたい「ソフトウエアの更新」のお話でした。

更新作業をためると、パソコン経由でのアップデートとなり、面倒になってきます。
こまめに更新作業を行っていただけるとスマホのセキュリティ面でも安心してお使いいただけます。

不明点など、お気軽にご相談ください!


ただいま、「スマホのメンテナンス(無料)」実施中!

「安全」「快適」「お得」に使うために、3か月に1回、スマホのメンテナンスが必要です。

店頭にて、メンテナンスチェックをいたします。

お気軽にお問い合わせください!

【全店共通】
03-6447-7852

(受付時間:平日10時~18時)

6+