74歳初めてのメルカリ奮闘記【後編】~SOLDまでの道のり~

 こんにちは。五反田店の鈴木です。

前回、「74歳初めてのメルカリ奮闘記【前編】~出品登録に挑戦~」で、
会員Tさんが、メルカリ初出品に挑戦しました。

今回は、皆さんが気になる出品後について、お届けいたします。

「牛皮じゅうたん」のその後

Tさんの出品した牛皮じゅうたん(?)ですが、2週間たち「いいね!」が2件ついただけで、芳しい反応はありませんでした。

うわさの牛皮じゅうたん

ある程度時間がかかることは想定済みでしたが、売れないと心配になってきたTさん。

そこで、Tさんと相談し、商品情報について、2点手を入れてみることに。

・商品説明文の修正

使用用途の文言を見直し、なぜ今回、不要になったかとかを加筆。

・販売価格の修正

販売希望価格18,000円→16,200円へ
(10%値下げ)

商品への思い入れが強いTさんでしたが、少し妥協していただき価格変更しました。

すると2日後・・・。

ついに購入されました!!!

「SOLD」の文字が!

当初は、安売りしたくないというお気持ちで、料金を下げることに抵抗がありましたが、実際、商品が売れると、この価格にも、まずまず納得のご様子でした。

購入者からメッセージが! さて、どうすればいい?

 「これはどうしたらいいの?なにか返信したほうがいいの?」

購入者から「購入させていただきました。よろしくお願いします。」というメッセージが届いたと、Tさんから問い合わせ。

メルカリでは、取引が発生すると、メッセージのやりとりができるようになります

「せっかく連絡をいただいたので、返信したほうが、お互い気持ちよく取引ができます」と、一緒に文面を考えて返信をしました。

指の反応が難しい場合は、タッチペンがおすすめ

こうしたメッセージのやりとりは基本的に任意ですが、購入時に、一言添えるのが、取引のマナーになっています。

初めて取引するときは、こうした取引のマナーやルールがわからないことも、不安に感じる要因になっているかもしれませんね。

意外と重要な梱包

 「売れたら終わり」ではありません!

次なる作業の始まり。

そう、「配送」です。

Tさんと一緒に、商品を持って、五反田店の近所にある、ヤマト運輸さんの営業所へ。
そこで、ちょうどいい箱を見繕ってもらい、梱包開始。

商品到着後のトラブル防止のため、この梱包が、じつは、重要。
商品の破損・水濡れ・汚れ対策をして、しっかり梱包
(商品が大きかった分、今回は少し大変でした。)

続いて、「配送伝票」の作成。

しかし、「メルカリ」の場合、伝票を書く必要がありません

スマホのQRコードを読み取ってもらうだけで、配送伝票が生成されます。

しかも、匿名、住所非公開でやりとりできるので、伝票に名前などは表示されません!

メルカリHPより

らくらくメルカリ便」は、メルカリとヤマト運輸が連携した配送サービスなので、とてもオトクなのです。

住所も名前も知られずにすむのは、買う側、売る側からしても、なんだか安心感があります。

しかし、Tさんにとっては、「相手の住所は書かなくていいの?これで本当に届くの?」と、少々不安を感じつつ、時代の変化に驚かれていました。

無事、発送作業を完了し、あとはお相手からの「無事到着しましたよ」という報告を待つだけ。

ちなみに、Tさんが最後に購入者を評価すると、「取引完了」となり、自身の売上となります。

今や大忙しのTさん!初めてのメルカリで感じたこと

最後に、取引完了後、一言いただきました。

『引っ越すときなんかに家を整理すると、これいい値段したのにな・・・と思うものがたくさん出てきた。

だけど、二束三文で手放したり、捨てざるを得なかったり、する物もたくさんあった。
時間に余裕があるときには、友達に声をかけて、わざわざ見に来てもらって、引き取ってもらったりしていたんだけどね。

こういうのにさっさと出品していれば、そんな苦労もしなかったのかもしれないね。
友達も困っている人がたくさんいるから、機会があれば紹介してみるよ。』

とサービスの可能性を実感されていました。

その後、Tさんは趣味だったフィルムカメラなどもおひとりで、出品され、マニアの方から、たくさんの「いいね!」や質問が寄せられて、忙しそうです。

その後、おひとりで出品中!すでに25,000円以上の売り上げ!

以上、Tさんのメルカリ奮闘記についてお送りしました。


ちなみに、こうした「フリマアプリ」に代表されるように、時代は「シェアリングエコノミー」といって、モノを「所有」するのではなく、「共有」する新しい消費スタイルが確立されつつあります。

フリマアプリでの取引は、非常に手軽、かつスピーディーです。

まさに必要なときだけ調達して、不要になったらまた返す、というシェアリングエコノミーによる新時代のシステムを肌で感じることができます。

そうした体験への入り口に、「スマホのコンシェルジュ」をお使いいただければ幸いです。

うわさでは、メルカリで、トイレットペーパーの芯や甲子園の土なんかも売れたことがあるそうな・・・。

未体験の方も、ぜひ一度利用してみていただけたらと思います。
とても気軽に始めることができますよ。

じつは、まだまだあるメルカリ取引のコツを伝授いたします!
「メルカリの使い方」のオリジナルテキストもお渡ししています

教室でお待ちしております!

お気軽に
お問い合わせください

【全店共通】
03-6447-7852

(受付時間:平日10時~18時)

3+